1979

2月

活動・出来事
六本木ピットインでウィークリーセッションを行い、坂本龍一、矢野顕子(kb,vo)、小原礼(b)、村上“ポンタ”秀一(ds)、ペッカー(perc)、本多俊之(as)、向井滋春(tb)、高橋幸宏(ds)、益田幹夫(p,kb)、峰厚介(ts)などが参加。

ピットインでのセッションがきっかけとなり“カクトウギ・セッション”が生まれる。ギターに渡辺香津美と大村憲司、キーボードに坂本龍一と矢野顕子、ベースに小原礼と細野晴臣、ドラムに村上“ポンタ”秀一と高橋幸宏、パーカッションにペッカーと浜口茂外也という、それぞれの楽器がふたりずついるというセッションで、それが“カクトウギ”の名前の由来となっている。

後半

参加レコーディング
“カクトウギ・セッション”が発端となって、坂本龍一とのコラボレーションアルバム『キリン』をレコーディング。
活動・出来事
『キリン』に参加したミュージシャンたちによって伝説の“KYLYN BAND”が結成され、全国ツアーを行う。
アルバム
“KYLYN BAND”ツアーの模様がライブ・アルバム『KYLYN LIVE』としてリリース。
活動・出来事
YMOのワールド・ツアーに参加。